Diva Fotografica

 〜写真とMacと日々のつれづれ〜

Diva Fotografica 写真とMacと日々のつれづれ

Mac Pro延命計画(1)

新マクプロ発表いよいよ!ということで、
去年12月に手を入れたウチのMac Pro延命計画をご紹介(笑)


今年で丸6年になる、ウチのMac Pro。
Mac使うようになって20年近くたちますが、
これほど長い間、同一機種を使い続けたことはありません。

ただ、1DXで撮ったRAWをApertureで現像してると、
分割表示下部のサムネイルスクロール時、
ストレスになるほど引っかかるんですね。

RAWそのものは、別の内蔵ドライブ
(ソフトウェアRAID)に保存してあるのですが、
幕3の時から気になっていた引っ掛かりが、
画素数が増えた1DXで、明らかに大きくなりました。

CPU使用率をモニタすると、
スクロール時にCPUがフル稼働しているようなので、
ファイルデータが大きくなったための処理遅れが、
この引っ掛かりの原因かもしれません。
何とか使い続けようと、SSD導入して延命していたのですが、
正直厳しさも感じられ、買い替えも視野にいれて、検討していました。
先代、MC560J/A 2.8GHz・Quad新品が
15万以下の在庫処分もあったので、かなり心動かされたのですが、
いろいろ調べてみると、Mac ProはCPU交換が可能で、
しかも、現行機種と同じビデオカードもそのまま使えることがわかり、
ここまで使い続けたMac Proということもあって、延命することにしました。

もちろん、全て自己責任&補償無しですのでお気をつけ下さい。



(1)ビデオカード交換

ATI HD 5770


昨年秋のアップデートで、まさかのクロックアップのみに終わったマクプロ。
だからこそ、ATI HD 5770が現行と同等だったわけです。
Appleからも純正オプションとして発売されている、
ATI HD 5770、仕様ではMid 2010以降ということなのですが、
OSが10.6以降であれば、そのまま2006でも使える!らしいので、
電源ケーブル含めて、ヤフオクで15000円弱で購入してみました。
交換後、電源いれたら、ドライバ入れる必要もなくあっけなく使えました(笑)

もともとX1900XTが刺さっていたので、
通常の用途では、劇的な変化は感じらにくいですが、
サムネイルの描画が速くなったのと、静かになったかな。
ただ、Apertureのひっかかりも、あまり改善せず。
やっぱりCPU換えなきゃどうしようもないか。

(つづく)


2013/10/22(火) 23:56:08 

Mac | Trackback:0 | Comment:0 | アメブロ ペタ |

上原レイラさん(1) 13.10.19

やっぱりスタジオでストロボは楽しぃ!

TTNさんところの、
ストロボで遊ぶ会、参加してきました。
モデルさんは、初めましての上原レイラさん。
レイラさんのブログはこちら。
「上原レイラのブログ」


上原レイラ
Canon EOS-1D X EF24-70mm F2.8L II USM 1/125 F4.0 ISO200 
上原レイラさん 


お会いした時、
ほわっとした雰囲気な方だと思ったのですが、
レンス向けるとスイッチ入る。
目と髪がとてもステキな方でした。

上原レイラ
Canon EOS-1D X SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 1/125 F5.6 ISO200 
上原レイラさん 



上原レイラ
Canon EOS-1D X EF24-70mm F2.8L II USM 1/125 F5.0 ISO200 
上原レイラさん 


今回お世話になったスタジオは、白ホリ。
いいすね、白ホリのスタジオ。いろいろ遊べる。
ストロボも、モノブロックじゃなくてジェネ使えるので光量半端ない。
また、ぜひ、使わせていただきます。沢山勉強したいです。

みなさんで、ワイワイガヤガヤと明かり作りながら撮るの、ほんと楽しいですね。
TTNさん、レイラさん、参加者のみなさん、
お疲れ様でした&ありがとうございました。


(つづく)


2013/10/20(日) 00:32:51 

photos | Trackback:0 | Comment:0 | アメブロ ペタ |

キャッチボール。

瞬間を切り撮れたことの嬉しさと、
それをさし上げて喜んで下さったことの嬉しさ。
写真を撮らせていただいて、私はそこに嬉しさを感じています。

橘沙奈さん
Canon EOS-1D X SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 絞り優先AE F1.8 ISO1000 
橘沙奈さん 


ここのところ、こんな嬉しいことがありました。

1つめ。
1つめ。
箭内通彦さんがこんな事を言っていたそうです。
「彼女の写真を撮るのは、間違いなく彼氏が世界で一番上手い。
それを頑張って超えるのがプロの仕事。」

私もそう思います。一番ステキな面を一番知っているのだから。

さし上げた写真、ご家族が喜んで下さったみたいで、
テレビの上に飾ってくれた、と連絡をいたただきました。
その人のことを一番知っているであろう、ご家族や彼氏さんが、
いいね、と言って下さる、これはもう最大級の褒め言葉です。
ありがとうございます。


2つめ。
先日作品撮りした友人の知人から、写真の感想として、
「彼女の魅せ方をよくわかってるね」という言葉をいただきました。

ファインダー越しに彼女を覗いていると、
「ほれ、シャッター切れ、ほれ」(笑)と言わんばかりで、
でも、そのままでは悔しいから、こちらもストレートにはシャッター切らない(笑)
彼女とはね、ずっと撮ってる間柄だからこその
「お約束」と「期待」と「裏切り」の”やりあい”がとっても楽しいんです。

彼女の作ったキメの表情だったり、
ずっと待ちかまえていた事だったり、、
私の狙いだったり、
偶然だったり、
いろんな要素が重なって上がった1枚で彼女が喜んでくれると、
ほんとうに嬉しく思います。

彼女はこう言ってくれました。
「受け取ってもらえると思うから安心して投げれる」

まさにキャッチボール。
ありがとう、本当に嬉しかった。
彼女の魅力を存分に引き出せるよう、引き続き精進します。
これからもよろしくねー。

もちろん、私の撮り方が合わない方もいらっしゃるとは思うけれど、
波長の合ったモデルさんとの関係は、ほんとうに宝物です。
ポートレートはやっぱりモデルさんとの距離感。



写真は本文と直接関係ありません(笑)
でも、距離感を少しずつ縮めていきながら、
また、橘沙奈さんのステキな一瞬を切り撮りたいと思います。


2013/10/12(土) 01:56:45 

photos | Trackback:0 | Comment:0 | アメブロ ペタ |

Back  Next