Diva Fotografica

 〜写真とMacと日々のつれづれ〜

Diva Fotografica 写真とMacと日々のつれづれ

9.11.3

ありえないことが現実に起こると
人は普通な状態でいるんだと初めて知りました。
変に冷静で。

たぶん脳が理解を超えてしまって現実として認めないんだと思う。
WTCへ突っ込む飛行機も、押し寄せる津波も
目にした瞬間は映画の1シーンのようにしか感じられなかった。

でも、現実だったんだよね。



あれから10年。

不毛な戦争と多くの犠牲を生み、
その結果なのか、世界は未曾有の大不況。
よく、きっかけに例えられるけれど、
世界は生まれ変わることもなく混沌としたまま。
戦争だってなくなっちゃいない。




そして、どこかで繋がっているかのように、
奇しくも震災から半年。
半年経っても
何もかわらず、
何も進展せず、
何も解決できていない。



3.11がきっかになって、
日本は生まれ変われるのだろうか。

3.11の10年後、20年後、30年後…
今の子供たちが安心して暮らせる日本であってほしいと願う。
ううん、そんな日本にしなきゃいけないんだと思う。






 僕の我慢がいつか実を結び
 果てない波がちゃんと止まりますように
 君と好きな人が百年続きますように…



2011/09/11(日) 23:21:21 

未分類 | Trackback:0 | Comment:2 | アメブロ ペタ |

大丈夫。

仕事、おちつきました。
大変な時期で二転三転したにもかかわらず、
無事全うできたこと、ありがとう。



この週末、録りためてあった
「冬のサクラ」全話一気に見ました。
とてもステキなドラマでした。



人との出会いは、時に人生を変えることもあって。
そんな出会った人のために、自分は何ができるんだろう。

当たり前だと思っていることは決して当たり前ではないこと。
与えてもらうだけではなくて、与えなければならないこと。
求めるだけではなくて、許すこと。

そして、一番大切なのは、相手の気持ち。


大切な人のために、大切なことを忘れないようにしたい。


2011/04/11(月) 01:14:47 

未分類 | Trackback:0 | Comment:0 | アメブロ ペタ |

笑顔。

 
地震から1週間。
避難されている方々は、寒く厳しい中、避難生活、頑張っておられます。
現場では救出、復旧作業が文字通り不眠不休で続いてます。


一方、東京は、まだまだ混乱はあるけれど、
少しずつ日常を取り戻しているようにも思えます。
でも、東京の景気が瞬間的に停滞したまま、死んだままです。
お店は自主休業してる。開いている店には客がいない。


よく聞く「不謹慎」や「自粛」という
日本人に根づいているこの言葉は、
実はその線引きが難しくて曖昧で、
判断基準が個々の価値観によってしまうヤッカイなシロモノ。
その「不謹慎」や「自粛」という言葉に、少し縛られすぎてはないでしょうか。

被災された方の気持ちを逆なでしたり、
人命救助、復興、復旧の邪魔になったり、
支援物資が行き渡る妨げになるようなことは
明らかに不謹慎というか非国民。
でも、日常、普通に楽しめることを楽しむということは、
私たちにも必要なのではないでしょうか。
それこそ普通の日常に戻るためにも。

会や予定を中止にして、お金や物資を被災地に回すならともかく、
「ムード」というものだけに流されて延期にするのなら、
延期せずに今、この停滞した経済を少しでも盛りたてるために
普通に使うべきだと思います。

それは不謹慎ではないし、
自粛しなけばならないようなことでもないですよね。


被災された方々に比べて、余力があるであろう私たちが
少しでも少しずつでも笑顔を取り戻して、
経済を盛り立て、日本をたてなおすことが、
次に「できること」だと思うし、
被災された方々の笑顔に、希望に繋がるんだと信じたい。

被災された方ががんばってるのに、
現場の最前線で救出、復旧作業をしている方ががんばっているのに、
東京にいる私たちから先に希望捨てちゃダメです。



もひとつ。
昨夜は東京も結構寒かった。
でも、エアコン無しでも過せるものです。

今までとりあえずエアコンつけてきたけれど、
そんな事にも改めて気付かされました。


2011/03/18(金) 22:32:52 

未分類 | Trackback:0 | Comment:0 | アメブロ ペタ |

Back  Next