Diva Fotografica

 〜写真とMacと日々のつれづれ〜

Diva Fotografica 写真とMacと日々のつれづれ

Mac Pro延命計画(2)

(2)CPU交換
っていうことメインイベント、Mac Pro、CPU交換しちゃいました。
今のCPUは、Xeon 5160、3GHz Dual Core×2基。4Coreです。
これをコア数を増やせば、並行処理能力が上がって
Apertureのひっかかりも解消するのでは、と勝手に推測。
調べてみると、初代Mac Proは、
・X5365:3.0GHz Quad Core
・X5355:2.66GHz Quad Core
をそのまま載せ替えることが可能、とのことなので、
ヤフオクでペアのX5355を8000円ほどで落札。
今では、X5365は探せばペアで1万円ちょいくらいで出てきますよ。



CPU交換に必要なものは
・CPU×2
・シリコングリス
・プラスドライバー
・柄の長い3mmの六角レンチ(柄が20センチくらいあれば確実)

柄の長い3mmの六角は、CPU用のヒートシンクを外すために絶対に必要なのですが、
これが近くのホームセンターでは見当たらないんですよね。
結局私は、アマゾンでやっすいの見つけて購入。こちらです。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0099C4BQ4/ref=oh_details_o01_s00_i00?ie=UTF8&psc=1


実際の交換手順は、
・ちょぼログ 初代Mac Pro CPUアップグレード(Quad core → 8core)
http://chobolog.seesaa.net/article/270965368.html

を参照させていただきました。とても詳しく載っています。

バラす際に一番大変だったのは、
前面ファンの取り外し。こちらの動画と同じ持ち方で力入れてひっぱると、
ボコ、ってはずれました。電源ケーブルの抜き忘れ注意。
http://www.youtube.com/watch?v=xOF435jCg8E






ヒートシンクの固定六角ボルトも、穴が見づらく苦労しました。
ボルト自体、ヒートシンクからは外れないようになっているので、
思い切ってゆるめちゃって大丈夫なはずです。

シリコングリスを塗るのも初めてで塩梅がわからなかったので、こちらを参照。
・シリコングリスの塗り方や量で冷却効率は変わるのか?
http://www.dosv.jp/feature/0606/14.htm


量を塗るのではなく、うすくはみ出さずに塗るのがポイントだそうです。
私はプリンのスプーンで伸ばしました。
シルバーグリスは、万が一余分なところについてしまうと、通電してしまうらしいので慎重に。
グリスの拭き取りは、揮発性のエチルアルコールなどで。




CPUは向きがあるので、オリジナルと同じ向きで入れ替えて、
組み直したら、あっけなく起動しました。
スレッドも8本、やった!!(笑)






体感スピードは正直変わらないのですが、
懸案だったApertureのスクロールも引っかかりがほとんどなくなりました!!!!
もちろん、通常は全くストレス無し。むっちゃ嬉しいです。



ベンチスコアもこのとおり。上から交換後、交換前、MC560J/A。







当初新古で買おうと思っていたMC560J/A 2.8GHzよりも上!!
自宅作業で、一番負荷がかかっているのが、RAW現像なので、
カメラ買い換えたり、ビデオ編集でも始めない限り、このMac Proを使い続けられます(笑)

で、かれこれ10ヶ月になりますが、特に気になる不具合は一切なし、すこぶる順調。
温度管理だけちゃんとしておこうと思ったので、ファンコントロールにて、
デフォルトよりもちょっと回転数あげています。また、夏はエアコンかかってます。

SSDが2万くらい?5770が1〜1.5万、CPUが1万で、4.5万。
それで、ここまで快適に使えるようになるなんて、ほんと恐るべし、な神機種ですぜ。

さて、深夜の発表、正座して待ちますか。

2013/10/23(水) 00:48:11 

Mac | Trackback:0 | Comment:0 | アメブロ ペタ |

<<Mac Pro延命計画(1) | Top Page | 橘沙奈さん 13.10.23>>

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

 Trackback

トラックバックURLはこちら
http://ume.dtiblog.com/tb.php/1500-20d78908