Diva Fotografica

 〜写真とMacと日々のつれづれ〜

Diva Fotografica 写真とMacと日々のつれづれ

MacProその後。

快適す!
モニターキャリブレーションも終了。
Aperture、Adobe系のインストール・設定も終了したので、
ほぼほぼ環境が整ってきました。

今使っているNANAOのColorEdgeCG222Wは、
純正のキャリブレーションソフトColorNavigatorと
キャリブレーターEye oneで簡単にキャリブレーションできます。

SSD


最新バージョンのColorNavigatorでは
写真用、WEB用とそれぞれ調整、プロファイルを作ることができて、
簡単に切り替えられるので、目的にあわせて切り替えて使おうと思ってます。

撮影時からフォトショップ、プリンタまで色環境ははAdobeRGBで通してます。
WEB上に使う写真の色環境はカラープロファイルを別にしています。

一番の目標は、モニターと出力したプリントが一緒になることですもの。


で、その出力なのですが…
今まで使ってたプリンタはCanonの950iという2002年のモデル。
一度インク詰まりをしてヘッド交換してもらった以外は全く問題なく、
印刷も綺麗で静かなので、ずーっと愛用していたのですが、Lion非対応(泣)

なので、現在新機種物色中です。

用紙も残っているのでCanonがいいんですが
(インクは使い回しができない)
9年前、Canonがエプソンに優っていた
静かさだったり速さだったり個別インクだったりというメリットも今はほとんどないようで。
逆にAirPrint対応だったり、無線LANデフォルトだったりと
エプソンのほうに分がある感じ。ま、フラッグシップ買えば何でもついてるんですが。。

顔料インク機も気になっているんですが、
写真以外のプリントだと、逆に使いづらいだろうし。

両社とも新製品出たばかり。
超お買い得な前機種買うなら今しかないので、
この土日に買ってこよう。

2011/09/10(土) 03:59:20 

Mac | Trackback:0 | Comment:0 | アメブロ ペタ |

<<MacPro、SSD化。 | Top Page | 9.11.3>>

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

 Trackback

トラックバックURLはこちら
http://ume.dtiblog.com/tb.php/1264-f4dcf31a